肌荒れが治らないのは日焼け止めが原因かもしれません

なぜか顔に湿疹が

3ヶ月ほど前から、顔に赤い湿疹が出て痒くなる状態を繰り返していました。

 

以前に皮膚科で処方してもらったステロイドの入った軟膏を塗るとその部分はマシになりましたが、繰り返し出るので、強いステロイドを塗り続けたくありませんでした。

 

ちょうど化粧水を変えたばかりだったので、これが合わないのかと別の肌に優しそうな化粧水に変えても、あまり変わらない肌の状態・・・。

 

治っては繰り返すかゆみと赤いプツプツで気持ちが落ち込んでいました・・・。

 

そのころ、別の用件で鍼の先生にかかり、気になっていることをなんでも話して、と先生が言ってくれたので、肌の湿疹のことを話しました。

 

すると、腎臓の機能がストレスなどで低くなっていると、体内で作られるステロイドがうまく作られなくなり、赤くかゆくなったりすることがある、と言っていました。

 

それと全く関係ないと思っていた、集中力の低下も腎臓と関係があるらしく、そのあたりを鍼で治療してもらいました。

紫外線吸収剤が原因だった

それでもすぐには治らず、やっぱりメイクをしない日は楽な気がすると感じていて、でもメイクをしないのも、日焼け止めを塗らないのも耐えられませんでした。

 

UVケアは、わたしは一年中塗るのが良しと思っていて日焼け止めジャンキーのようになっていて、でも調べてみると、けっこう肌に刺激があるらしいのです。

 

それで試しに紫外線吸収剤の入っていない物を買ってみました。

 

手ごろに買えるものだと、子供用だとか敏感肌用だとかに「紫外線吸収剤不使用」と表記されています。

 

それを使ったところ、湿疹がほとんど治まりました!!紫外線吸収剤がダメだったのか・・・。

 

鍼治療も効いてきたのかもしれませんが、今まで使っていた化粧品が急にダメになる事もあるらしいですね。

 

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは肌に優しいですが、ちょっと使い心地がよくなかったり、白くなったりするところが難点ですかね・・・。

 

でも湿疹が出て痒くなるより全然いいので、同じような症状の方がいらしたら、普段使っている化粧品を見直してみてもいいかもしれません。